ブラックでも借りれる消費者金融

ブラックでも借りれる消費者金融

ブラックでも借りれる消費者金融についての説明

 

借り入れが難しいブラックの順番

 

申し込みブラック
3ヵ月以内に複数社のキャッシング会社に申し込みを行うことでなるブラックです。
審査の際に消費者金融側が情報源としてが使う、信用情報機関での照会数が増えることで消費者金融側に警戒されてお金の借り入れが出来なくなります。
(クレジットカードの信用情報機関は、消費者金融とは別の場合がおおいためカウントされません)
銀行カードローン、大手消費者金融(レイク、アイフル、アコム、プロミスなど)では融資を断られます!

 

最後の申込み後3カ月経てば申し込みブラック情報は消えますので
銀行カードローンや大手消費者金融でお金を借りたい場合は3か月待って申込みし直しましょう!

 

3か月以内に5社以上のキャッシングをしてしまっても借入が出来るのが中堅消費者金融になります!
フクホー、キャレント、エニー、アスカなどなら申し込みブラックでも借り入れが出来ます!

 

 

 

多重債務者
ブラックではありませんが、ブラックと同じくらい借り入れが難しいです!
少額のフリーローンは断られるケースが多いものの、おまとめローンや借換えローンなら審査に通る可能性が高いです!

 

今現在、ローンの滞納がない方は、銀行や大手消費者金融のおまとめローン審査に通ります!
過去1年以内にローンを滞納してしまった金融事故者の場合は、中堅のおまとめローンなら可能性があります!

 

 

 

延滞中ブラック
現在他社のキャッシングローンを延滞している場合は、小規模消費者金融か街金なら借りれる可能性があります!
延滞中ブラック、滞納中ブラックはかなり金融業者に警戒されますので、中堅消費者金融でも審査に通る可能性は低いです!

 

一度他社の滞納分を払って滞納分を無くせば、すぐに中堅の消費者金融に申し込みをしても審査に通る可能性が高くなります!

 

 

 

債務整理後
債務整理の種類によってブラックの年数が変わります!(任意整理約5年、自己破産約7年)
金融事故情報が一番消えにくいブラックになりますし、ブラックの中でも1番借り入れがしにくい状態になります!
小規模消費者金融や街金でも債務整理後まだ1年も経過していない状態では審査に通らないケースが多いです!
とにかく借り入れが難しいです!

 

※クレジットカードのキャッシング枠なら審査に通るかも?
小規模消費者金融や街金もだめなら、唯一クレジットカードのキャッシング枠ならに通るかもしれません
(クレジットカード会社と消費者金融が使う信用情報機関が違うためブラックリストだときずかれないケースがあるようです)

 

 

 

無職
債務整理後並みに借り入れが難しいです、申し込み用紙の職業欄に【無職】と書いただけで街金ですら借り入れ出来る所はほぼありませんっ!
派遣会社やアルバイト、パートで少しでも働いている方は、キャッシング出来る可能性があります!