ブラックでも借りれる方法

ブラックでも借りれる方法

ブラックでも借りれる方法は?

 

絶対にブラックでもお金が借りられる訳ではないですが、ブラックリスト者でもキャッシング審査に通りやすい方法はいくつかあります。※絶対に借りれる訳ではありませんっ

 

ブラックの方が1番お金が借りれる確率が高い方法

 

1:消費者金融でしかお金を借入れしていない方は、クレジットカードのキャッシング枠審査に申し込み、ブラックでもお金を借りれる方法の1つです。

 

2:すでに銀行カードローンや、大手サラ金(CMで有名な消費者金融)で審査に通らなかった方は、中堅の消費者金融または、小規模消費者金融、街金に申し込む方法があります。

 

3:50万円以下の小額でキャッシングの申し込みをするっ、それでもキャッシング審査に通らない方は10万円以下のキャッシング審査が1番審査が甘い方法になります。

 

4:多重債務者で合計150万円以上借金がある方は、中堅消費者金融の借り換えローンが審査に通りやすい方法になります。借り換え後にブラックにならなければ、新たにキャッシングがしやすくなります。

 

無職、年齢制限に引っ掛かる方が1番お金が借りれる確率が高い方法

 

1:無職の方は、キャッシング申し込みの際、職業欄にあからさまに『無職』と書いては駄目です。ウソの記入は駄目ですが、少しでも印象が良くなる書き方をしましょう。※例:求職中、就職活動中、派遣社員、パート、家事手伝など

 

2:年齢制限でお金が借入れできない方へ、今日本で1番貸出し制限が高いのが、日本文化センターがやっている【プランネル】なら79歳までお金の借入れが可能ですので、プランネル電話番号と検索で調べて下さい。

 

3:80歳以上の方がお金を借りる方法は?不動産などの担保がない限りお金を借入れするのは難しいです。※小規模消費者金融やマチ金なら数社位は80歳以上でも少額の10万円以下なら融資してもらえる可能性もあるかもしれませんっ。※確実に絶対借りれる訳ではありませんっ

 

 

 

ブラックリストに載るとは?
■他社借金の返済が、短期(1日から10日)でも3回以上、返済日に遅れた方は延滞ブラックと呼ばれます。
■現在キャッシングなどのローンを滞納中の方は、延滞中ブラックと呼ばれます。
■半年以内に3社以上のキャッシング会社でローンの審査を受けた方は申し込みブラックと呼ばれます。
■債務整理をして相当の日数が経過していない方は、債務整理後ブラックと呼ばれます。
※以上の方は、銀行や大手サラ金(CMで有名な消費者金融)などでカードローンをを作ったりしてお金を借入れすることが出来ませんっキャッシング審査に落とされてしまいます。